美×命×時=Erde.


 

ERDE.エルデは大地 

 

生き物の生命をいただき

 

そして、革製品となり時を刻んでいく

 

そこには、大地と繋がった美しさがある

 

  

革を、五感で感じてみる。

 

 

革製品という商品を飛び越え、

 

自然の、生命の恩恵を受けた素材を感じとる。

 

 

 

買う時が最高の時ではない、

 

それが革という存在です。

 

 

 

親の体内から生まれてきた素材が、他にあるでしょうか?

 

 

  

 

 

動物として生きて、皮から革になるまで、

 

1ヶ月半から半年の長い道のりを旅して

 

私達の手に一頭・一匹として届きます。

 

 

 

生きた後も、タンナーさんと時を重ね、

 

そして、作り手と時間を重ね、

 

そのあとは、お客様と時間を重ねる。

 

 

 

生命が繋がり、

 

時が重なり、

 

それが美として紡がれていく。

 

 

 

それはどこまでも自然の恵みであり、

 

私達はその恵みを受け取り、良き作り手として

 

お客様の元へと繋いでいくことが喜びです。